水道 修理と水漏れトラブルの主な原因

水道 修理と水漏れトラブルの主な原因 水のトラブルで多いのは老朽化です。経年劣化ということもあり、長く使っていると部品が古くなったり錆びたりして水がポタポタ溢れてくることもあります。こうなると水道 修理が必要ですが、トラブルの状態や原因について知っておくと水道業者も対応しやすくなりますし、DIYで修繕をする場合も効果的に行うことができます。
業者へ依頼をする際には、複数の会社へ見積もりを依頼し、比較してから検討をするのがおすすめです。水道局指定の工事店か、必要な資格を有しているかなどをチェックしてみましょう。最近は見積もりが無料で、24時間365日対応をしてくれるところも増えてきています。

■トラブルの症例について把握する

水道 修理をする前に、トラブルの原因について知っておくと効果的であり、スピーディーに修理をすることができます。まず症例としては蛇口から水がポタポタ溢れている状態や、蛇口を閉めても水が止まらないという状態があります。蛇口が故障して水が溢れることも多いです。水道の水漏れ箇所は多岐にわたり、蛇口と一口に言っても混合栓タイプと単水栓タイプでは水漏れの起こる箇所が異なります。蛇口の根本や壁面の設置部分から水漏れが起こることもあります。キッチンでは詰まりから水漏れが起こることもあり、においが発生する原因ともなります。

■部品の緩みが原因となる場合も
ナットなど部品の緩みが水漏れの原因となっている場合もあります。混合栓タイプの水栓など、よく見る一般的な蛇口では大体パーツの緩みが原因として挙げられます。もしくは劣化や破損が原因です。水漏れが起こるとチョロチョロと水が出たりポタポタと水が垂れたりすることも多く、この場合はすぐに修理をすることができます。
他の原因では、パッキンやコマ、バルブといった内部パーツが劣化したり摩耗していたりすることが考えられます。吐水口からポタポタと水が出ている場合は、吐水口のフィルターやカートリッジが汚れているのが原因です。汚れが原因で水のトラブルが起こることもよくあります。
ポタポタと水が出ているものはまだ初期症状なのですぐに直すこともできます。ポタポタと水が出ているのか、たくさん水が出ているのかは、水道業者に対応してもらう時に重要です。より迅速にトラブルを解消してもらえるよう、症状については具体的に伝えるようにしましょう。

■自力で修理を行う場合

DIYに慣れている人は、蛇口の交換などを自分で対処することもできます。部品を購入して、自分で蛇口の交換や修繕をすることが可能です。蛇口のDIYは楽しくて簡単にできるという人も多く、自力で直したいという人は行ってみる価値があります。
自分で修理などを行う場合、部品はホームセンターや100均でも購入することができます。リーズナブルな価格で販売されているものもあるので、専門業者に頼むよりも安くなるのが大きな特徴です。どの部品が故障しているのか見て、部品を購入して準備し、直してみるのも良いでしょう。
ただし、水漏れがひどい場合には複数の箇所を直す必要があるため、初心者の方にはあまりおすすめできません。最悪の場合、水道に傷を作ってしまい、丸々買い換えなければならないということも考えられるので、自分で修理ができるか不安な場合には業者へ依頼をすることがベストです。

■まとめ
水道 修理は原因を知ることも大事です。部品が原因の場合は、部品の交換をすることが求められます。フィルターやカートリッジが汚れているものは分解する必要があります。分解はDIYに慣れていない人が行うと故障することもあるので、専門業者に頼むのが良いでしょう。専門業者に依頼をすると、こうした分解もスピーディーに行うことができるようになります。原因や状態を把握しておくと、業者に伝えるときもスムーズなので、どこから漏れているのかをチェックするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース